女の人

亜鉛効果で活力アップ!|効果が実感できる体づくり

男性に多い病気とは

栄養剤

痛風とは、成人の男性にとても多く見られる病気です。これは、尿酸がどんどん体内に溜まり、やがて結晶として関節に痛みを与える病気です。主な初期症状としては、足の指の関節が痛くなることが多いです。指があまりにも痛すぎて、靴や靴下も着用できない状態になります。ですが、数日で痛みは軽くなり、次第に嘘のように症状が治まります。なので、そのまま放置してしまう人が多くいらっしゃいます。しかし、病院できちんと治さないと、合併症が起きて死にいたる可能性もあります。痛風が特徴的なのは、その発症率の90%以上が成人の男性であることです。女性患者が少ない理由は、女性ホルモンに原因の尿酸を体外へ排泄する働きがあるからです。いずれにしても早期に病院で治療する事が大事です。

痛風は、放置しておくと体に重大な危険をもたらす病気です。この病気を予防するには、実は水素水が効果的といわれています。そもそも通風が起こるのは、ビール等の尿酸値の多い食品を食べる事が原因です。水素水には、食事で摂った尿酸値を抑える効果があるからです。水素水に含まれる水素分子には、とても高い抗酸化作用があります。その作用は、ビタミンの176倍もあると言われています。体内に入る事で、抗酸化力で体内の尿酸値を無効化していきます。それで、痛風の症状を予防できるのです。水素水は、毎日の生活で水の代わりに飲むだけで予防効果を得られます。食事の際や水分補給で摂取すればいいので、とても簡単に予防できるというわけです。